魔縁

魔縁(まえん)とは、仏教用語でいう三つの障りと四つの魔(三障四魔)のことです。三つの障りとは「煩悩障・業障・報障」です。そして、四種類の魔は「煩悩魔・陰魔・死魔・天子魔」です。仏道修行の邪魔をしたり、私たちに三毒(貪・瞋・癡)の煩悩を引き起こさせて悪しき道に引きずりこもうとします。

 

具体的にみていくと、煩悩障(ぼんのうしょう)とは衆生の内に巣くう三毒(貪欲、瞋恚、愚痴)が仏道修行の妨げになるのみならず、日常の生活であらゆる苦しみ(病気・貧困・争いなど)の元凶をうみだすもとに。

 

■ 三障 : 善根を害する3つの障害

煩悩障 貪・瞋・痴(とんじんち)の三毒(病気・貧困・争いの元凶)の煩悩によって害されること
業障 前世からの業(身・口・意の三業)によって正道が害されること
報障 悪業によって受ける報い。三悪趣(地獄・餓鬼・畜生など)に陥る因果応報

 

 ■ 四魔 : 生命を脅かすその元凶となる4つ魔

陰魔

心身(色・受・想・行・識)から生じる五陰の魔、五陰魔(ごいんま)。肉体が種々の苦しみを生じることをいう。五蘊魔(ごうんま)

煩悩魔

貪・瞋・痴(とんじんち)の三毒によって菩提・悟りを害する魔。煩悩障とおなじ。

死魔

死への恐怖心や、仏道修行者を殺害・惨殺する魔。自殺願望のあるものに近づく魔

天子魔

特に、第六天魔王(天魔、魔羅・波洵、他化自在天など)という災厄をもたらす恐ろしい魔

 

古来からこうした「魔縁」(三障四魔)が必ず存在するとされてきました。特に第六天魔王や魔界に堕ち慢心の山伏が仏道修行者や仏教徒を悪しき道へと引きずり込もうとしてきました。

 

たとえば、お釈迦様の場合は「大婆達多」(だいばだった)、弘法大師の場合は「守敏僧都」(しゅびんそうず)が法敵、つまり、宿敵の存在が挙げられます。

 

大婆達多(だいばだった)は、お釈迦様の命を狙い悪だくみをくわだて地獄に堕ちたとされます。また、守敏僧都(しゅびんそうず)は弘法大師を弓矢で射殺そうとしました。それをお地蔵様が身代わりになって救ってくださったとの伝承も残っております。

 

いずれにせよ、いつの時代も必ずそういった敵となる法敵という怨敵が必ず現れます。

 

もちろん、すべての不幸をこうした魔縁や法敵のせいにするわけではございませんが、魔縁も法敵にも十分に注意が必要です。

 

悪しき道(病気・貧困・争いごとやトラブルなど)に引きずり込まれないように私たちができることは、十善戒を守り、三学(戒・定・智慧)の実践、三業や六根を清浄にしながら日々コツコツと生きる(仏道修行に励む)こと。

 

今なだまだ間に合います、今すぐに生活をあらためて規則正しい生活を送っていけば必ず仏の加護をいただけます。

 

本来の幸せへと通じる何よりの道をともにめざしてまいりましょう。

 

合掌