四苦八苦

何か困ったことや、トラブルが立て続けに起これば、「四苦八苦」(しくはっく)という言葉が浮かんできます。誰でも一度は口にしたり、耳にしたり、そういった経験があるのではないでしょうか。

 

本来は、仏教で用いられる言葉です。人間のあらゆる苦しみ、さまざまな苦悩の根本的な原因をいいます。四苦とは「生・老・病・死」のことです。八苦は前述の四苦に「愛別離苦」(あいべつりく)・「怨憎会苦」(おんぞうえく)・「求不得苦」(ぐふとっく)・「五陰盛苦」(ごおんじょうく)を合わせたものです。

 

生(しょう) 生まれてきた苦しみ、生きる苦しみ、生きていること自体、肉体的な精神的な苦痛が伴うこと。
老(ろ) 老いる苦しみ、肉体的な不自由を感じる苦しみ。
病(びょう) 病む苦しみ、愛する人が病気で苦しむ姿をみなくてはならない苦しみ、さまざまな病による痛みや恐怖に苦しみ悩まされる苦悩。
死(し) 死ぬ苦しみ、死への恐怖、大切な人を死によって失う恐怖、死ぬことや死後の世界への恐怖心。
愛別離苦(あいべつりく) 愛するものと別離する苦しみや悲しみ
怨憎会苦(おんぞうえく) 怨み憎んでいる者とも会い、巡り会う苦しみ
求不得苦(ぐふとっく) どんなに求めても得ることができない苦しみ
五陰盛苦(ごおんじょうく) 肉体があるゆえ生じる苦しみ(煩悩など)、五蘊(人間の肉体と精神)が思うがままにならない苦しみ

 

前述のとおり、四苦は人間の根本的な苦しみ(1) 生きること(生)、(2) 老いること (老)、(3) 病気をすること (病)、(4) 死ぬことです。そして、愛する者と別れる苦しみ (愛別離苦)、怨み憎しむ者とも会う苦しみ (怨憎会苦)、欲しいものやや、願いが望みがかなわない苦しみ (求不得苦)、私たちの身心をつくっている肉体や精神から引き起こされる苦しみ (五陰盛苦) の4つの苦しみをあわせて「八苦」といいます。

 

生きる苦しみは、単に生きづらい苦しみだけではなく、自然界における弱肉強食のこの世のありさまを目の当たりにして感じる苦しみもあります。

 

また、老いや死の苦しみは、自分自身が老い死にゆく苦しみだけではなく、親や兄弟、愛する人、親しい人たちの老いゆく姿や死の苦しみもいいます。

 

先日、ご主人さんを早くに亡くさなれ独り暮らしをしている女性の方からこんなご相談を受けました。お二人でかわいがってきた愛犬が目も見えなくなり、耳も遠くなり、失禁を繰り返すように…、その老いをみているのがとてもつらく、どのように向き合っていけばいいのか、そのような内容のご相談でした。

 

私自身も、数年前に母を亡くし、昔に長年飼っていた犬の最期をみとったこともございますので、その方のお気持ちが痛いようにわかります。

 

四苦八苦の言葉があらわすように、この世にはさまざまな苦しみがございます。

 

しかし、本当にこの世とは苦しみだけの世界なのでしょうか。

 

もしかしたら、ひょっとしたら、本当は苦しみは私たちの身近にある幸せに出会うための「気づき」なのかもしれません。

 

本当に大切なものを見失わないためにも、もし失くしてしまったのなら、また探し出せばきっと見つかる、まだ間に合うはずはずです。

 

そのためにも私たちは正しい禅那と正思惟によって自分自身をよく見つめてみることが必要となってきます。

 

そして、この限りあるこの命を、今というこの瞬間を無駄にすることなく後悔のない人生を過ごしていきたいものです。

 

私も自他共の幸せを願いながらこれからもさらに仏道を精進します。

 

合掌