● 仏教

 

 

 

仏教とは、釈尊(仏陀:ブッタ)によって開かれた教えをいいます。約二千五百年程前のインドにおいて誕生しました。

 

仏陀とは真理を悟った者の意です。つまり、仏教とは仏陀の説いた教え、または仏陀になるための教えです。

 

歴史をひもとけば紀元前500年頃に北インドでゴータマ・シッダールタ (釈尊) を開祖とする原始仏教団が誕生し、後に多くの分派に分れました。紀元前後には、より実践的な大乗仏教が興起しました。

 

特に、インドの地は広大なため、釈尊が直接伝道教化に訪れた場所は一部の地域に限られました。しかし、釈尊の入滅後に国家統一を樹立したアショーカ王の篤い保護や、弟子たちの尽力により仏教はインド全域に発展的に広がっていきました。

 

アショーカ王の時代には、保守的な傾向を持つ上座部系統と、他方、進歩的系統を持つといわれる大衆部系統に分かれる「根本分裂」が起こります。そして、その後の仏教における二大潮流(大乗仏教上座部仏教)を生み出すきっかけとなりました。大きく分けると、前者がインド・西域・中国・朝鮮・日本へと伝承され「北伝仏教」として、後者がインド・スリランカ・タイ・ビルマ(現ミャンマー)へと伝播された「南伝仏教」としてそれぞれの地で息づいています。

 

なお、仏教が他の諸宗教と比較した場合、ひときわ際立っている特色があります。それは「仏教は釈尊の大いなる悟り(大悟成道:だいごじょうどう)に基づいて説き明かされたという独自性(真理の発見)や、その大悟に至るプロセスと大悟を会得した境地が如実に示されている点」です。また、「仏教ではすべてに仏となる種子(仏性)が備わっている」と説かれている点などです。

 

換言すれば、仏教とはこの世の真理に触れ、それぞれ個々の内に秘められた仏性に気づき、開花させる努力を積むことで、誰もが仏になれる(成仏)、つまり、「幸せ」になると説かれた教えなのです。

 

※ これから少しずつ仏教や秘密仏教などについても書いていこうと思っております。また、このサイトものぞいていただければ幸いです。 

 

 

仏教記事一覧

「無辺の生死をば何んが能く断つ、唯禅那と正思惟とのみあってす」『般若心経秘鍵』(定三・三)これは、『般若心経秘鍵』の一節に書かれているくだりです。空海が『般若心経』に独自の見解を明らかにした注釈書です。われわれをはじめ、この世の生きとし生けるものすべてはこれまでにたくさんの生死を繰り返してきております。この世には、いろいろな苦しみがあるといいます。いかにすればこの苦しみから離れ、この輪廻の苦界を断...

魔縁(まえん)とは、仏教用語でいう三つの障りと四つの魔(三障四魔)のことです。三つの障りとは「煩悩障・業障・報障」です。そして、四種類の魔は「煩悩魔・陰魔・死魔・天子魔」です。仏道修行の邪魔をしたり、私たちに三毒(貪・瞋・癡)の煩悩を引き起こさせて悪しき道に引きずりこもうとします。具体的にみていくと、煩悩障(ぼんのうしょう)とは衆生の内に巣くう三毒(貪欲、瞋恚、愚痴)が仏道修行の妨げになるのみなら...

三毒(さんどく)とは、貪・瞋・癡(とん・しん・ち)のことです。 最も克服すべき根本的な三つの煩悩をいいます。貪は欲望にまかせて執着しむさぼること。瞋は思い通りにならないことに対する怒り。痴は物事の道理に暗く、それゆえに、妄念によって迷い苦しむ無明(むみょう)のことです。こうした三毒は人の善心を害する3種の煩悩(ぼんのう)ということで「三不善根」などとも呼ばれています。 貪:とん(貪欲:とんよく)欲...

何か困ったことや、トラブルが立て続けに起これば、「四苦八苦」(しくはっく)という言葉が浮かんできます。誰でも一度は口にしたり、耳にしたり、そういった経験があるのではないでしょうか。本来は、仏教で用いられる言葉です。人間のあらゆる苦しみ、さまざまな苦悩の根本的な原因をいいます。四苦とは「生・老・病・死」のことです。八苦は前述の四苦に「愛別離苦」(あいべつりく)・「怨憎会苦」(おんぞうえく)・「求不得...