三毒( 貪 ・ 瞋 ・ 癡 )

 三毒(さんどく)とは、貪・瞋・癡(とん・しん・ち)のことです。 最も克服すべき根本的な三つの煩悩をいいます。

 

 貪は欲望にまかせて執着しむさぼること。瞋は思い通りにならないことに対する怒り。痴は物事の道理に暗く、それゆえに、妄念によって迷い苦しむ無明(むみょう)のことです。こうした三毒は人の善心を害する3種の煩悩(ぼんのう)ということで「三不善根」などとも呼ばれています。
 

貪:とん

(貪欲:とんよく)

欲深く物をほしがること、際限なくほしがること
瞋:しん

(瞋恚:しんに)

自己中心的な心で、怒ること、憎しむこと
癡:ち

(愚癡:ぐち)

物事の道理に暗く実体のないものを真実のように思いこむこと

 

 三毒は梵語で「トリヴィシャ」といいます。人間の諸々の苦しみの根源です。また、貪・瞋・癡は、誰の心の中にも存在します。最古の経典と推定される南伝パーリ語のスッタニパータにも、貪・瞋・癡を克服すべきことがいかに大切か述べられています。

 

 仏教の世界では、生きとし生けるものすべては三世「過去世」(かこぜ)、「現世」(げんせ)、「来世」(らいせ)の三つの世を生死流転(しょうじるてん)すると考えられています。そして、「いのち」は生と死を繰り返しながら、六道(地獄界・餓鬼界・畜生界・修羅界・人間界・天上界)を次々と巡り続けるとされています。

 

 たとえ「死」(肉体の終わり)をむかえたとしても(現世から来世へ)、魂は生き続け、死んだ後の世界(来世)においてもまた六道を巡り続けます。そんな私たちが「現世」(この瞬間)にすべきことは何でしょうか。快楽だけに溺れたり、不平や不満を言ったり、他人を批判したり、だましたり、欺いたり、傷つけたりすることなのでしょうか。

 

 なぜ、私たちは病気になるのか、なぜ、貧困になるのか、なぜ、争いが起きてしまうのか…

 

 仏教では、すべての苦しみ(四苦八苦)からの解脱(げだつ)を説きます。つまり、ブッダの教えをもとにブッダ(目覚めしもの)に成る道、それは、本来の自分らしい生き方を発見し、少しでもブッダに近づけるように努力(精進)することなのです。具体的には、1.苦しみや悲しみから逃げ出さず、ごまかさずにしっかりと向き合ってみること、そして、2.その本質や正体を知り、3.その解決方法や解決策を探しだし、実際におこなっていくことです。

 後悔しない生き方

 

 この瞬間はもう二度ともどってきません。後悔しない生き方とは何か。

 

 先ほども少し触れましたが、なぜ、私たちは病気になり、貧困に陥り、他人と争いやもめごと、深刻なトラブルをかかえてしまったりするのでしょうか。

 

 すべての責任は、自分を除いた他にあるのでしょうか。精神世界や神仏の世界、他の信仰を見下したり、疑ったり、否定したり、ねたんだりうらやましく思ったりして気持ちを落ち込ませ、その反動で他を攻撃し優越感をえることが本当の幸せなのでしょうか。

 

 そんなことを繰り返していると大切なものがいつか本当に何も見えなくなってしまうのでは。

 

 実は、出家する以前は貿易の会社を営んでおりました。その時にとっても信頼している相手に多額の借金を背負わされてしまったこと苦い経験があります。

 

 油断やおごり、慢心といった心のすきを狙って近づいてきます。それは、仏教でいえば障りや悪しき「魔縁」(三障四魔)です。
 でも、だからといって自分が人からあざむかれたり、だまされたり傷つけられたから自分自身も人に同じことをしていたらどうでしょうか。

 

 誰もが願う後悔のない生き方とは何か。三業(身・口・意)や六根(眼・耳・鼻・舌・身・意)を清浄にけがれのない心で、自分自身の行動や言動には責任をもって、他を慈しむ心をけして忘れず。とても難しく感じるかもしれませんが、最期、死をむかえるときに後悔はしたくありません。やはり、人生は一度きりです。感謝し、感謝される生き方を、「前世」からつづいているこの「いのち」という魂の存在に気づき、仏に成る道、本来の幸せを見つける生き方を私自身もこれからも「仏に成る道」、仏道修行という自分自身と向き合う道(生き方)で極めていきます。