心の悩み相談

 心の悩み解決!! 

 

 高野山真言宗僧侶 天宮光啓です。

 

 いろいろな悩み事を高野山真言宗僧侶 天宮光啓が解決いたします。

 

 お電話・メール・対面等にて、いろいろな悩み事や、人生相談を承っております。

 

 もし、誰にもご相談できない深刻なお悩みがあれば一度ご連絡ください。

 

 メール・電話、直接お会いしてご相談に応じます

 

 仏のお導きやご加護のもと心の悩みを解決していきます!!

 

 それでは、まずはメールにてご一報くださいませ。

 

 合掌

 

 四苦八苦

 仏教では、現世の私たちの苦しみを「四苦八苦」という言葉で表しています。

 

 四苦は「生・老・病・死」で、八苦は前述の四苦に「愛別離苦」(あいべつりく)・「怨憎会苦」(おんぞうえく)・「求不得苦」(ぐふとっく)・「五陰盛苦」(ごおんじょうく)を合わせたものです。

 

 ご存じの方も多いと思いますが、天下統一を成し遂げた徳川家康の言葉に「人の一生は重荷を背負って遠き道を行くがごとし」というものがあります。生きるということは、長い登り坂を苦しみという重荷を背負いながら歩き続けなければならない・・・人生には「苦悩」という二文字しかないということなのでしょうか。

 

 特に、最近はいろいろな悩み事や人生相談を受けているとあることに気づきます。それは、ご相談者の多くが「話をただ聞いてくれる相手が欲しい」という心の声です。

 

 つまり、日常的に相談者が「誰にも相談できない」・「相談できる相手がいない」という孤独な状態にあるということです。

 

 これは、ひとつにインターネットの普及や発展にともない他者とのつながりや、関係性に少しずつ変化が生じてきたからかもしれません。また、「核家族」という言葉に象徴されるように、一昔前とは違って、家族間のつなんがり、家庭と住んでいる地域とのつながりなどが薄れ、個人の一層の孤立化を生み出している要因となっているせいかもしれません。

 

 いずれにせよ、心を許す相談相手がいない、誰にも相談できない「孤立無援」な状態の人たちが増えてきているのは事実です。

 

 そこで、こうした方々のさまざまな悩み事を僧侶という立場から少しでもサポートしたいと思います。何か少しでもお力添えできれば嬉しいです。

 

 男性・女性は問わず誰でも気軽にご相談をお聞かせ願えればと思います。

 

 まずは、メールにてお問い合わせください。

 

 天宮光啓

 

 高野山真言宗僧侶として天宮光啓が責任をもってご相談をお受けいたします。

 

 合掌 

 

 ご相談の流れ

 専用のメールフォームからご相談内容をお伝えください。

 

 

 当方から確認 (料金・指定の口座番号・日時など)のご返信をさしあげます。

 

 

 指定の口座へご入金していただきます。

 

 

 ご相談の開始!!

 

 

 ※ 完全予約制となっております。

 

 

  FAQ(よくある質問)を是非ご参考ください。

 

 

 天宮光啓

 

 

 ※ まずは上記のメールフォーからお気軽にご連絡ください。

 

 

※ なお、公序良俗に反するような内容のご依頼・ご相談等には一切お力添えできません。 ex .詛呪(そじゅ)、呪詛返し等